千年女優 [DVD]

千年女優 [DVD]


これはいいね。この手法を最初から最後までやり抜くのが素晴らしい。秘境異次元ごっこだ。突っ込み役も置きつつ違和感を感じさせずに、客間から動いていないのに走る走る走る印象が強烈。爽快で時間を短く感じさせる。映画女優をモチーフにしているから可能で効果的なこともあり、筒井康隆も褒めるわけだ。インタビューの現実(3)と回想の虚構(4)と映画の虚構(4?5?)を見事に織り混ぜた。鍵についての解釈は始めるとキリがないけど、こんな風に一生を描写してしまう今敏は何歳だ。


ファウンデーション ―銀河帝国興亡史〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)

ファウンデーション ―銀河帝国興亡史〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)



歴史観だね。過去にタイムワープすれば予め歴史を知っているというセンスオブワンダーを逆手に取った。ありえなさそうな「先見の明」を持ち込んだ歴史小説も存在して「ずるい」場合もあるけど。景気が悪いと右傾化するということさえ認識されつつその通りに動いている。神の目と耳と頭脳を持つことだ、ばかもの。「ファウンデーション対帝国」になると続編連作でしかないかな。