読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日と月と刀

読み応えた。
「千日の瑠璃」以来の野心的な作品といえるが、室町時代を舞台にした意味は何だろう。
文体も、従来の重厚な語り口を踏まえながら太字の節を挟むという変則的なものになっていて、創り出されるリズムは感じるが、その意図は何だろう。
物語は楽しんだし文体も堪能して非の打ち所はないが、「どろろ」を連想してしまう。