読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

追記 『囚人のジレンマ』

ネタばれを含むが整理しておく。
作中でウォルト・ディズニーが「アヒルのような見かけで、アヒルのように鳴き、アヒルのようにふるまうなら……そいつをドナルドと名づけよ」(p.267)と言ったのは戦時中のことである。
しかし、Wikipediaによれば(ダック・テスト/duck test)、この言葉の発祥は1950年または1964年である。
つまり、この部分は客観的な事実描写ではなく、後年に創作されたものなのである。ネタばれというか肝要な点として、その語り手とはリチャード・パワーズのことではない。だから注釈に書くことはできない。
ダック・テストは政治的な起源を持つし、作中にはアラン・チューリングも出てくるし、明らかに仕掛けられたものだろう。

囚人のジレンマ

囚人のジレンマ