エド・ウッド」。作品そのものが虚構内虚構作品と同じ性質を持つ説が崩れた。いや、映画への情熱という点では成り立っているか。