真夜中の弥次さん喜多さん」。面白いギャグもあったけどやや品がなく、リアルな中に夢というか意外性があるのが面白いのに夢と混ざってちゃってたから。原作がそうだから仕方ないけど。