読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グレッグ・イーガン万物理論」。一気に読み応えた。小さいSFアイディアにはそれほど萌えないが、メインのTOEだろう。人間宇宙論は、ありふれた幼稚な唯我論をTOEの上に堂々と理る。まあ結局はヒューマニズムというかポストモダンのどこかで見た虚構論だけど、確固としたエンターテイメントとしてのいい意味でぶっとんだ疑似科学を高水準で見せてくれた。むろん小説としての完成度もあり、「順列都市」よりカタルシスがある。読んでる間が楽しいだけになってしまったが。