読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸山健二「夏の流れ」。きっちり現実的な話で鋭い切れ口だが、これで長く書かれると自然主義なリアリズム小説になってしまって退屈かも。作風としては共通している部分も感じられ、やっぱ長編で長く楽しみたいかな。